地球のシャシャリ方 3

maguma090.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

エコロジコ・バイーア・ボニータ

バイーア・ボニータとは生態学公園で数々の鳥や動物達が生息する自然公園。 
公園内には静かな泉があり泉の底は水草に覆われていて澄み切った水色の水の中にはのんびり泳ぐお魚達がはっきりと見える。 
 
昔々恐竜がいたころここは海だったらしい。今は淡水になってるけどなんか白川水源みたいな泉。 
ピラプタンガがうようよ・・・ぽにょぽにょの世界。 
 
シュノーケル&ライフジャケットを着て泉の中をお魚気分で浮かぶこともできるけど、この寒さの中はちょっと・・・公園内をガイドさんと一緒にお散歩。  
 
初めてお目にかかる動物達とご対面しながら。野鳥の会の一員になった気分を味わってきました。
d0151463_3212671.jpg
 クチーア  ウサギ?ねずみに似てる 
d0151463_3224486.jpg
 ジャブチ 体長70センチぐらいかな~草食性の陸がめ。
d0151463_324648.jpg
 アララ・ヴェルメーニャ 世界最大のインコとして知られている。この強力なくちばしで椰子のみをつついたりできるらしくその強さ1トン!どんだけや~って。あまり近づきすぎると鼻をもぎとられるぞ!ってガイドさんに脅されておそるおそるバナナをどーぞって!
d0151463_328483.jpg
 アララ・アズウ 背中が青いおなかが黄色と胴体が赤で羽が青や緑のアララ日本名スミレコンゴウインコとも言う。森の中はつがいにで見られる。
d0151463_33129100.jpg
 小型のインコ ペリキート ペリキートは街の中を大群で飛んでるのをよく見かける。鳥の目ってちょっと苦手だけどこのインコお目目がとても綺麗で美人じゃない? 
d0151463_3373448.jpg
 セルヴォド・パンタナール 南米最大の鹿で足元が黒いのは湿地帯でピラニアにかまれないように黒くなってるそうで絶滅の危機にある。 
d0151463_340547.jpg
 森林破壊や捕獲のため絶滅の危機にあるオンサ・ピンターダ南米最大の猫科の大型肉食獣、木登りも水泳も得意。 
d0151463_344415.jpg
 長く大きな尻尾と面長の顔を持ったタマンドゥア・バンデイラ 又の名オオアリクイ長さ50センチほどの長い下でアリ塚を壊して中のアリを食べる。
d0151463_347634.jpg
 動物のほかにもこの樹はもっとも軽く叩くとポコポコ音がする。ボートや木船に向いているそうです。
d0151463_34998.jpg
 シャンプーに使われる葉っぱ。この葉で出来たシャンプーで洗うとつやがいいらしい。
d0151463_3502311.jpg
 
d0151463_3505116.jpg
 森の中に沢山生えてるこの実は見た目唐辛子?って思ったけど自然治療草で胆石によくきくお薬でした。
d0151463_354452.jpg
 
d0151463_3551941.jpg
 
d0151463_356195.jpg
 森の中を奥まで進むと小さな泉についた。ここで本当はライフジャケットに着替えるところだが・・・寒いので上から覗きこむと中でピラプタンガというお魚がたくさん泳いでいる。肉も美味として知られていて尾は赤く中央に黒い筋があり胴体は銀色に光っている。ほかにもめだかみたいな小さなお魚や赤い魚も中に入ると天然水族館で泳いでるみたいに。
d0151463_4121100.jpg
 
d0151463_415919.jpg
 
d0151463_423279.jpg
 
d0151463_43673.jpg
 
d0151463_433546.jpg
  水槽の中に入ってるような気分でしょ?ぽにょぽにょ~お魚気分味わえた~!?
  
[PR]
by maguma090 | 2009-07-25 04:10

ボニート

ブラジルの2年連続エコツーリズムBSET賞受賞のボニート。 
 
渓流や滝つぼ、沢山の自然と動物たちに囲まれた小さな街で街の中は旅行会社やレストランで 
 
特にこれといって何も無い。ちょっとパラグアイに似た赤土の街だ。
d0151463_2581776.jpg
 ボニートには動物の形した公衆電話が沢山ある。ん~どれにしようかな~
d0151463_303889.jpg
 
d0151463_311968.jpg
 
d0151463_315840.jpg
 
d0151463_322853.jpg
 
d0151463_33180.jpg
 
d0151463_334510.jpg
 それにしても寒い・・・ネットも宿の無線ラン拾うのに外で軍手しながら更新中。 うぅ~鼻水たれちゃう~。持ってる洋服全部着込んでもまだ寒い。
[PR]
by maguma090 | 2009-07-25 03:07

カンポグランジ

ブラジルで3番目に日系人が多いカンポグランジ。1万2000世帯の日系人ほとんどが沖縄出身者。ここにもちこまれた沖縄の食文化はカンポグランジの郷土料理として定着。 
 
そのなかでも沖縄蕎麦は人気のひとつとあって地元の人でにぎわう水・金・土曜日に開かれるそば市に行ってきました。 
 
沖縄で食べたそうき蕎麦とはちょっと味は違うけれど美味しかった~あっさりスープともちもち麺にお肉たっぷり。サイズも大・中・小が選べて大と言いたいところだけどちょっと控えて小を注文。 
 
他にチャーハンややきそばも人気。 
d0151463_12253544.jpg
 
d0151463_1226996.jpg
 
d0151463_12263139.jpg
 生姜をかけていただく。う~んおいしいね~。お肉の国ブラジルらしいかんじがいいね~。今月はダイエット月間だったの忘れてた ま~いいっか~。
[PR]
by maguma090 | 2009-07-23 12:29

人工都市ブラジリア

1960年から200年に渡り首都をリオに代わり1000キロメートル離れたセラードに新首都ブラジリアが誕生。 
当時のクビチェック新大統領が公約どうり3年半で築き上げた人工首都。ジェット機形・鳥型とも言われていて市街や人工湖をはじめ奇抜なデザインの建物が立ち並んでいる。 
 
ブラジリアの街の計画都市地域は1955年からパイロットプラントいうユートピア構想にもとづいて構築された地域でパラノイア造湖のほとりに飛行機が羽をひろげた形をしていて飛行機の機首の部分に国会議事堂・最高裁判所なんかが建っていて羽の部分に高層住宅や各国の大使館が配置している。 
 
ブラジリアは私達のような旅行者にはちょっと長居できないところ。 
宿もうんと高い。ブラジル自体が物価が高いのにそれ以上・・・街が綺麗になるにつれて安宿もつぶれてしまい高級ホテルがどんどんできて・・・泊まる宿も安い宿はほとんど無く・・・ ブラジリアに着いて5時間も探し歩いたけど見当たらない。 
 
泣く泣く・・・泊まった宿も1泊5000円もする。う~ん高いね~。こりゃ観光してすぐ抜けなければ。 
それにしても人工首都と言われるブラジリアこんなに奇抜な建物が沢山あって道も6車線なのに車社会とはいえ歩行者の事も考えて設計してほしいな~。道路一つ渡るにも時間かかるし危ない気がする。 
 
おまけにブラジルは首都をサルバドール~リオ・デ・ジャネイロからここブラジリアと何度も首都を変えて国を大きくしてるんだろうけど、その反面街にはホームレスや働くところを家を失った人達が建物の影に隠れながら生活してる。大きくすればするほどファベーラと言う地域は増えていくのではなのかな~。 う~ん なんか街の中歩いていても人工的な感じで面白いデザインの建物を見るのはいいけれど、街の中が温かみを感じられなかった。人間味がないな~なんか寂しいな~近未来都市のブラジル近未来なのは建物だけなのか??? 
d0151463_1243279.jpg
 
d0151463_1245282.jpg
 
d0151463_1252327.jpg
 
d0151463_1255374.jpg
 
d0151463_1261752.jpg
 ドン・ボスコ聖堂只今工事中
d0151463_1273449.jpg
 
d0151463_1275019.jpg
 
d0151463_1281099.jpg
 
d0151463_1283311.jpg
 
d0151463_1291099.jpg
 カテドラル 巨大な円形の王冠を思わせるような大聖堂 オスカー・ニエマイエルのデザイン。
d0151463_12111866.jpg
 大聖堂の中。
d0151463_12114642.jpg
 外務省
d0151463_12153824.jpg
 三権広場
d0151463_12125251.jpg
 

 
[PR]
by maguma090 | 2009-07-23 12:16

 ありがとう

d0151463_11417.jpg
 
d0151463_1143416.jpg
 
d0151463_11201991.jpg
d0151463_115324.jpg
 
d0151463_1153755.jpg
 
d0151463_116746.jpg
 
d0151463_117792.jpg
 ノロニャ島でももっとも高いホテルのディナーを目の前に1ヶ月遅れのお誕生日のお祝いをしてもらいました。 
この場をかりて・・・よっちゃんいつもありがとう!本当いつものろまな私をいつも励ましいつも楽しませてくれるよっちゃん!本当感謝してます。 
海外にきて2度目の誕生日祝い。お金ないのに・・・なけなしのお金でこんな豪華なお誕生日。 
本当うれしかったよ~。ありがとう! 
d0151463_11144179.jpg
  これからもまだまだ手を掛けると思いますが・・・どうぞよろしゅ~! ぐわしっ!!
[PR]
by maguma090 | 2009-07-23 11:21

フェルナンド・デ・ノロニャ島

d0151463_9113425.jpg
 
d0151463_9123199.jpg
 1週間の私達の陣地。ここを拠点にビーチへ。 
d0151463_9225033.jpg
 毎日いろんなバギーをレンタルしてでかける。
d0151463_914848.jpg
 
d0151463_9144994.jpg
 
d0151463_9152647.jpg
 
d0151463_915503.jpg
 ノロニャ島の唯一の教会。
d0151463_9165557.jpg
 
d0151463_9263450.jpg
 
d0151463_9271471.jpg
 海がめの保護区のビーチ。波が高い為ガイドのおじちゃんの安全綱と浮き輪を渡されてのシュノーケル。2種類の海がめたちが生息。ここはあまり海の透明度はそこそこ。
d0151463_9301761.jpg
  
d0151463_9324492.jpg
 
d0151463_9332135.jpg
 
d0151463_9353143.jpg
 エコロジカルだとされる1番人気のサンショウビーチへは50メートルの絶壁をハシゴで降りないとたどり着かない・・・失禁しそう おまえ~おしっこもらしたろぅ?違うって・・・さっき海に入ったけん水着が濡れとるっちゃも~ん。下みたら怖い~。
d0151463_9394966.jpg
 
d0151463_9415537.jpg
 
d0151463_9424826.jpg
 
d0151463_944756.jpg
   
d0151463_9473481.jpg
 
d0151463_9482728.jpg
 
d0151463_9485461.jpg
 
d0151463_1001369.jpg
 
d0151463_101561.jpg
 
d0151463_1024517.jpg
 
d0151463_1032141.jpg
 
d0151463_10439.jpg
 
d0151463_1052352.jpg
 ボートトリップ 
d0151463_1072677.jpg
 
d0151463_10848.jpg
 
d0151463_10193213.jpg
 
d0151463_10201254.jpg
 
d0151463_1021781.jpg
 
d0151463_1022145.jpg
 現地の人達のバーベキューにおよばれして・・
d0151463_10225521.jpg
 
d0151463_10234759.jpg
 
d0151463_10244630.jpg
 
d0151463_10362344.jpg
 
d0151463_1037685.jpg
d0151463_10355071.jpg
 
d0151463_10311559.jpg
 
d0151463_10334699.jpg
 元々ブラジルの国立海洋公園に指定されていたノロニャ島は2001年世界遺産に登録された。1日に420人しか旅行者を受け入れない、商売より自然保護を優先する島。ゴミ一つ落ちてない、珊瑚や貝殻一つ砂浜にはなかった。 
ビーチと言えばヴァカンスを楽しみにくる旅行者であふれかえるところだが、ここは1日の受け入れが決められている為人でごったがえすこともなくゆっくりのんびり世界遺産のビーチを堪能できるのです。 
ここにきた1週間で唯一入れなかったビーチアタライアビーチは天然のプール状のビーチでその特異な地形を保護するため1日100人しか入場者を認めない。それとノロニャ島は世界でも貴重な海がめの存在がある。  
ノロニャ島は世界でも貴重な海がめの産卵地でもありサンショウビーチはノロニャ島でも最も貴重な産卵スポットで1月から7月の産卵時期は夕方から朝にかけて立ち入り禁止になる。 
サンショウビーチでは昼間シュノーケルだけでも海がめと一緒に泳げる。 
水深40メートルまで見渡すことの出来るエメラルドグリーンの海でシュノーケルをつけて浮いてるだけでもこの島に来た価値が十分にあった。 
 
いや~。世界遺産の海で泳げるなんてそうそうない・・・ 
海がめと泳ぐのが夢だった・・・それが現実になるなんて・・・ 
 
エメラルドグリーンの海の上で大の字に浮かんで太陽さんに照らされながら海の中には海がめやお魚たちがゆっくり波にゆられながら泳いでる。もう~無ってこうゆう時間やね~って。  
 
ワンダービーチを見の前に毎日極上の喜びが全身にこみ上げてきて~ 無・・・無・・・無  もう~たまらん!
自然の力に触れたノロニャ島時間 自然よありがとう!いっぱい元気もらったよ~。
 
[PR]
by maguma090 | 2009-07-23 11:02

1ページの切り抜き

日本から持って来た1枚の切り抜きを1年近くも温めてここブラジルに来ました。 
 
ブラジルに来たかった理由の一つがこの切抜きに・・・その場所とは・・・
 
南米大陸の東側、赤道から450キロメートルほど南下した大西洋上・・と言われてもピンと来ないと思うけれど日本の世界地図で見るとブラジルの最も右側に突き出た部分の更に右側あたりに位置するこの島は日本から行くとかなり厄介な場所。 
 
アメリカ経由してサンパウロを目指してそこからまた移動・・・フライトだけでも26時間はかかる場所。 
 
聞いただけでも移動だけでしんどそう・・・遠くても足を運ぶべきものがあるのかも!! 
 
ブラジルと聞くと多くの人がボサノバやカーニバルにサッカーを想像するだろうけれど、ここブラジルには2500箇所のビーチが存在することを知る人は多くにいないだろう・・・私達もそうだった。 
 
その2500箇所のビーチの中でも海の透明度・砂浜の美しさ・エコロジカル度といった項目を重視したランキングで上位を占めてるのがこの島なのだ!! 
 
ブラジルでもランキングの上位を占めてるのが北東部(ノルデスチ)に位置するビーチばかり。 
 
21の小さな島々で構成された島。 ある1冊の本のタイトルに魅せられ引き寄せられた私達。 
 
  地球を半周する価値がある!未体験の海の色・・・フェルナンド・デ・ノロニャ島 。  
d0151463_943581.jpg
 
d0151463_954553.jpg

 
[PR]
by maguma090 | 2009-07-23 09:07

じゃ~ずぃ~な夜!

サルバドールでサンバ・レゲトンって毎日かかってる音楽。ん~JJAZZとかって聞けるところあるんかな~って宿の従業員チアゴに聞いてみたら。 うれしそうに・・・
 
あるよ!僕明日休みだし週末は人も多いし行って見るかい?って。
 
うん!!うん!!行ってみたい。けど・・夜の街歩きって大丈夫なの? 昼間でも強盗が多いこの街サルバドール。今いる宿の回りはあまり治安状況はよくない。昼間でもカメラ取られたりカバン取られたりってきくけど・・  

ファベーラと言われるスラム街が街の中を覆っている。昼間でもちょっと小道を入ったところにファベーラ地区があり、入り口には銃を持った人がいたり、そのから先はグレーゾーンになっている。独特な雰囲気がある。 
 
警察も入れない・・・現地の人達も夜遅くに歩くと危ないからやめなさいと止めるぐらい。 
夜遅くもなるとその地域から危ない連中が出てきて悪さするんだ~って。確かにそこだけ違う。 
 
夜8時・・・チアゴと共に会場へ。ファベーラ地区も横目で見ながらチアゴが要るからちょっとは安心してたけど。会場へは宿から歩いて30分ぐらいの所にあった。 
 
美術館?画廊?アート系の置物や絵が飾られてる、ここはどうも夜だけ駐車場を開放している様子。 
チケットは200円ぐらい、手首にテープを巻いてもらい中へ。 
 
サルバドールでは新しい空間なのかな?なんか街で見かけなかったおしゃれな若者達がたくさん集まっていた。小さなステージではいろんなバンドがかわるがわる演奏を始める。 
 
周りではみんなお酒を飲みほっこりしながらじゃ~ずぃ~な夜をすごす。激しくなくやさしい空間。 
ここだけなんかしゃれとるぅ~。会場の中うろうろしてるといろんな黒人さんたちがほっこり誘ってくれる。 
いいね~。みんなステージを見つめいろんな酔いが回ってみんなうっと~りした夜をすごしちょりました。 
宿に帰ったらみんな屋上に集結。カポエイラの生徒さんがいたのでその格闘技をまったりしながら見ていた。周りが寝静まった夜中3時まだ宿ではカポエイラ音楽が生音で響き渡ってた。いいね~音楽。 
 
d0151463_4164740.jpg
 
d0151463_4173654.jpg
 
d0151463_4182120.jpg
 
d0151463_4272827.jpg
 
d0151463_4275646.jpg
 
d0151463_4282970.jpg
 
d0151463_4285367.jpg
 
d0151463_4291912.jpg
 
d0151463_4294348.jpg
 
d0151463_430125.jpg
 
d0151463_4324595.jpg
 
[PR]
by maguma090 | 2009-07-19 04:39

ボンフィン教会

18世紀ある船長さんが無事にサルバドールにつきますようにって神様にお願いしたら無事にたどり着けたことを感謝して建てられた教会。守護神とされてる教会。外観や内観もいままで見た教会となんて変わりなくブラジルのわりには地味なつくりだな~って思うところあったけど奥に入って他の教会にない光景を目にしました。 
 
わあ~っ。だってマネキンが天井からぶら下がってるの!!なんで? 
手首や足の部分や顔の部分などあらゆるパーツにわかれてぶら下がってた。 
ちょっと不気味な気もしたが、ちゃんと意味がある。 
 
ここにきたら願いが叶うとバーイア達からぞっと信じられてるこの教会にはお願い事をする前に手首に教会まわりで売ってるフィタというカラフルなリボンを巻きお願い事をする。よく街のなかでお金要らないから巻いてあげるよ!ってリボンを持った人をよく目にしてたけど街ではお金を要求されるから要らないよ!って言ってたけど。。。このリボンはここから来てたんだ~それも色は神様の象徴する色で・・・ 
 
1度手首にまいたら自分ではずしてはいけない、自然に外れて願いが叶うとされている。 
何種類あるんだろう?色別に神様への願いもちがって白は平和、ピンクは愛、緑は強さとか・・・この何色もの祈りはカンドンブレーという黒人内の密教の神の色からきている。 
 
壁にはベットに横たわる人達の姿、生まれたばかりの赤ちゃんの写真、みんなこの教会にお願い事をして元気になりましたって気持ちをこめて写真とともにマネキンを奉納する。 
 
教会周りのフェンスにもたくさんのリボンが風にゆられてた~。  
私もリボンまいてお願い事してみた~。 
お願い事叶うといいな~。  
 
d0151463_3383016.jpg
  
d0151463_339699.jpg
 
d0151463_3393625.jpg
 
d0151463_3401389.jpg
 
d0151463_3404054.jpg
 
d0151463_3412020.jpg
 
d0151463_3414647.jpg
 
d0151463_3422362.jpg
 
d0151463_3425694.jpg
 
d0151463_3432223.jpg

[PR]
by maguma090 | 2009-07-19 03:51

のほほ~ん村

ペロリーニョからバスで1時間ほどのところにあるのほほ~ん村。名前を忘れてしまったけど、もうのほほ~ん村でいいっか?バスを降りてみるとペロリーニョの毎日が音・音・音の世界はなく静かな穏やかな街。子供達田舎の子って感じでアジア人だ~って顔でチャオ!って声をかけてくる。 チャオチャオ!!元気?うん!元気だよってなかんじで。向こうから飛び込んできてくれるのうれしいいね~。
 
一応お店はあいているもののみんなのんび~り。呼び込みもなく店の前で店主はほっこり~っ。 
 
ビーチで若者達はほっこり~っ。  みんなのほほ~ん。です。 
 
でもなんか雲行きが怪しいにゃ???   巨大なおおきなグレーの雲がこちらにむかってくる! 
 
ぎょえ~やばいこりゃ大雨になる~ぅ。  ってとにかくちかくの居酒屋に入って雨宿り。 
 
お店のおにーちゃんオススメのごはんとカイペリーニャを呑みながらうちらもほっこり~って。 
 
こちらのメニューにはいつも黄色のマンジョーカの粉がついてくる。  
 
おいしいんだよ~。日本の味の素みたいなちょっとふりかけるだけで味が一味違うと~。日本マンジョーカないかな~。持って帰りたいぐらい。 

d0151463_2562420.jpg
 
d0151463_2581363.jpg
 
d0151463_259275.jpg
 
d0151463_2595786.jpg
 
d0151463_303070.jpg
 
d0151463_314057.jpg
 
d0151463_322699.jpg
 
d0151463_325386.jpg
 
d0151463_333651.jpg
 
d0151463_34199.jpg
 
d0151463_342950.jpg
 
d0151463_34569.jpg
 
d0151463_35257.jpg
 久しぶりに海をみたんかな~。海はいいね~。サーフィンしてる人みるの好きだな~やったことないからわからんけど波に乗ってロール状の波の中から出てきたり、波にのまれてまた波を待つ人達の姿いいですね~。波もそのときの波は二度と味わえないもん、そんな波に・・・今更か~サーフィンちょっとしてみたくなった。まだこれといって綺麗なビーチに遭遇してないけど、どこかエメラルドグリーンの海の上で大の字になって浮かびながら太陽さん浴びてほっこり~したいな~人間浮き袋になってゆる~いゆる~い波にのって浮かんでみた~い。無・・・無・・・無・・・
  
[PR]
by maguma090 | 2009-07-19 03:21
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite