地球のシャシャリ方 3

maguma090.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 アーユルヴェーダ  in リシケシ

アーユルヴェーダとは?? サンスクリット語で「生命の科学」という意味で5000年もの歴史をもち中国・ギリシャ・アラビア・チベットの医学にも影響を与えたインドの伝承医学のこと。

人間の体のも自然界と同じく風(ヴァータ)・火(ピッタ)・水(カパ)の3つのドーシャ(エネルギー)からなりこのエネルギーのバランスを外から中から整えていきましょう!というのが考え方のひとつ。

その中で私が体験したのが、パンチャカルマという数週間かけて行う浄化治療法!本場はインドの南のケララみたいですが、ここリシケシはヨガの聖地、ヨガとアーユルヴェーダはセラピー的にも同じ要素があり、いいドクターが南から来ているとあって・・・ちょっと話のねたに・・・    
日本で受けると1回1万5千円からが相場のようで、ここインドは1週間コースで2万ちょっとのお値段。ここリシケシにはヨガを学びにきている女性やアーユルヴェーダを受けに来ている女性が非常に多い、特に30代。美や健康に前向きに取り組んでいる人達ばかりかみんな本当心も体も綺麗な人ばかり・・・

はじめドクターのカウンセリングと脈心を受ける!英語での解説に困った私は現地で知り合ったまゆみちゃんに通訳をお願いして、今の体の状態や普段の生活スタイルを話してもらった。自分の体質や健康状態を見てもらった後私にあったバランスを整えるトリートメント・食事療法・生薬治療を進められた。 料金と日数などを調整して1週間コースをお願いしました。   

パンチャカルマ治療のような体内の毒を排出させる解毒プログラムは日本だとお医者さんしかできない治療が入ってくる。{バスティー(浣腸)・ネトラタルバナ(目の洗浄)など }    

1週間のプログラムが告げられ毎日同じ時間に1日2時間の治療を受けた。3日間はアビヤンガといういろんな種類の生薬とオイルを混ぜたもので全身のマッサージとシロダーラという眉頭の辺りを中心に糸状の細い液体をゆっくり時間をかけて垂らし続けるそして毎日治療の中に組み込まれていたお一人様サウナ。 
d0151463_16592047.jpg
 入って身に付けられるものは渡されたふんどしのみ。初めてのふんどしにちょっと興奮した私。以外にきもちいい~。 
d0151463_1705571.jpg
  シロダーラ 上からぶら下がった容器のそこに小さな穴が開いていてそこにタコ糸のような糸がくっついている。その糸を流れるオイルを30分から40分の間垂らされる。 パソコンをよく使う人・頭部の浄化などに効果があるそうで眉頭に当ててるだけなんだけど・・・脳にまでいきわたってるのか、帰るときにには頭が重い感じだったけれど日に日に頭が軽くなってきたのがわかる。 
d0151463_1793627.jpg
 コンロで生薬を混ぜたりオイルを温めたりしながら調整していく。 
d0151463_17114472.jpg
 お一人様サウナ この中で15分間入ったまま。 4日目から浣腸しておなかの洗浄・目が疲れやすいので目の洗浄もしてもらった。目の中にオイルをいれて開けたまま・・・痛いのかとビクついてましたが、なんのぜんぜん痛くなかった。こうやって1週間後肌もすべすべ、薦められたレストランでアーユルヴェーダの食事を取りながら1週間でも体が軽くなり8ヶ月の旅でぼろぼろになった肌も調子がよくなった。 っという感じであまりの効果に欲張って1週間追加してしまいました。 1週間追加した間にアーユルヴェーダについての勉強会にも参加し料理方法など、生活習慣の改善や思想などたくさんいろんな面で取り入れることができた2週間でした。 本当は3週間ぐらいはやったほうがいいらしい。時間とお金に余裕がある人は是非!!本場は南インドのケララ。太陽の下で野外で行うマッサージは最高だそうですよん。
[PR]
by maguma090 | 2009-01-29 17:28

 インドのごはん

 
d0151463_11571644.jpg
  インドといえばカレー。日本のカレーライスを食べてるイメージで行ったインドでカレーライスなんてひとつもない。 日本ではごろごろカレー、いろんな食材を準備して一緒に作るけれど、インドのカレーはお肉・お野菜の1種類の材料だけを使うのが普通。なんでチキンカレーなんかぶつ切りにしたチキンを香辛料(マサーラー)で煮込むシンプルかつオーソドックスな料理。  それをライスやロティー・チャパティーなどのパン類と一緒にたべる。 
d0151463_12202414.jpg
 インドの定食ターリー 金属の大きなお皿に何種類かのカレー・漬物・ヨーグルトなどを盛り合わせたもの。 
d0151463_12255220.jpg
 ヨーグルトに大量のコーンフレークをかけたもの。上から好みで蜂蜜をかけて頂く。 
d0151463_12273957.jpg
  ハッシュドポテト&ガーリックマッシュルームのせ。 これをバケットの上にのせて食べると超おいしい~。  
d0151463_12301356.jpg
  バタークッキー 散歩に行くときは必ずこれをつまんで歩いてました。 ちょっと懐かしい卵ぼーろの味がしました。 
[PR]
by maguma090 | 2009-01-29 12:54

 マハボディー

およそ2500年前シャーキャ(釈迦)族の王子として生まれたスィッダールタは人生の苦悩を痛感し解脱への道を求めて、今までの生活をすて、厳しい苦業への道にすすんだ。 苦業の道へと出家して6年の月日を経てここマハボディーの菩提樹のしたで49日間ひたすら瞑想の業を行い、この場所で覚りを開いたといわれている。覚りを開いた後王子の名はブッダ(覚った人・ 目覚めた者)と呼ばれるようになった。インドには北インドからネパールにかけてのガンジス河流域に四大仏跡を含む仏教の八大聖地がある。特に重要な出来事が起こった地として今でも世界のあちこちから多くの巡礼者を集めている。  
d0151463_1124209.jpg
  本殿  
d0151463_11261522.jpg
  中には参拝者を静かに見守る金箔の仏像が安置されている。  
d0151463_11273845.jpg
  韓国からきた巡礼者。 今では欧米などのいわゆる先進国で、心の安らぎ・世界平和にいたる道として仏教が真剣に受け入れられ始めている。   
d0151463_113268.jpg
   菩提樹  ブッダが座した場所には金剛座が祀られている。  
d0151463_128272.jpg
 敷地内にはブッダが瞑想をした場所がたくさんある。その場所に手を合わせ瞑想をする巡礼者たち  
d0151463_1285494.jpg
 レンガ色の服をきているのはチベット仏教徒 
d0151463_1292686.jpg
   
[PR]
by maguma090 | 2009-01-28 12:40

 インドのスィーツ

d0151463_9393781.jpg
  インドは何でもが極端な国。  いい香りなものはなんともいえないいい香り、汚臭となると鼻がもげそうになるくらいひどい臭い、極端さは食でも同じでスパイシーなものは非常に辛いし甘いものはもたれるぐらい甘い。   その中でも一押しなのがこのスィーツ! スイートポテトを固めた見たいな味でもちもちしておいしい。 あまり食べ過ぎるともたれそうだけど・・・  
d0151463_9454972.jpg
 アーモンドパウダーを固めたもの。たくさんの木の実がはいってておいしかったー。 
[PR]
by maguma090 | 2009-01-28 09:47

インドのヘアースタイル

d0151463_9294680.jpg
  インドの若者たちの中で流行ってるヘアースタイル。 まさしく80年代! ツーブロック・カリアゲ・・・  女の子はロングが圧倒的に多かったけど、小さい子供達の中ではキョンキョンのなんてったってアイドルヘアーにしてる子が多かったな~。明星やらたのきんトリオの時代ですたい ・・・古っ!!  時代は繰り返すっていいますよね~ 今年このヘアースタイルくるんじゃない??? 去年はライダースにタータンチェックも再び流行!スカジャンにラバーソウル履いてる子見ると横でツイスト踊りたくのるのは私だけ?  004.gif
[PR]
by maguma090 | 2009-01-28 09:37

お見合い結婚

d0151463_1243294.jpg
  
d0151463_11165961.jpg
  日本と同じで結婚式はみんながお休みの日曜日。 日曜日になるとこんな華やかなテントがみられる。いんどは結婚式の費用は花嫁さんのお父さんが全部出すそうで、お父さんは娘のために盛大にと首まで借金に浸かってるいるというのはよくある話だとか・・・ 
d0151463_1125658.jpg
  花婿さんはアチカンと呼ばれるマンダリンカラーのロングコートのような衣装を身に付け花嫁さんは金糸で刺繍された赤のサリーかレンガ(ロングドレス)と金の装備具を身に付けている。   花婿・花嫁さんは会場の1段高いところでブァルマラ(結婚式用の花飾り)を交換する。  花嫁さんの周りには彼女の姉妹・従姉妹・友人がシルクの衣装を着て付き添う。    その間というのも会場の中は誰が入っても大丈夫で、お客様として会場に訪れた人達にはおご馳走が振舞われる。  綺麗な花嫁さんを見ようとたくさんの人達が花嫁さんを囲み写真をとりまくってました。  当の本人たちは群がる人達の中で長々続く結婚式に少々疲れてる様子でした。 でもまじかで見た花嫁さんむっちゃ綺麗で・・・うっとり・・・  しかしこの2人は親が決めた相手でお見合い結婚。  会場の中で2人がよそよそしい雰囲気で・・・でもインドはほとんどがお見合い結婚   恋愛をし交際を続けるカップルたちも結婚を決意すると、全て宗教・カースト・サブカースト・経済状況・言葉・食生活・誕生時の星の位置まで合致しなければ婚約は結ばれない。   インドでは日曜日の新聞に結婚情報欄が設けられていて、そこにはたくさんの広告が寄せられている。  花婿・花嫁求む!!って  その中でも一番人気の職種が実業家!医者!軍人!公務員!  このインドの結婚で思ったこと、花嫁さん側の家族は娘のためにどれだけ苦労するか・・・ インドでは花嫁さん側が花婿さんに持参金・贈り物を渡さなければならない。  その金額が少なかったりすると花婿さんの家族は自分の息子の価値がどれだけあるのか??ってそこで判断される。    少なかったりすると多額なお金を要求されたり、この問題で花嫁さんが嫌がらせを受けたりするといった話を聞く。 ひとつの家族に女の子が誕生した時点でその家族は娘の結婚の為とたくさんのお金を自分の身を削っても貯めてその日に備えている。  花嫁さんの家族の娘への愛の形がこの結婚式会場にはあふれているんだってこと、会場の隅で娘さんを見つめるお父さんの顔が忘れられません。  
[PR]
by maguma090 | 2009-01-20 12:15

お庭拝見。

通りを歩いてると巨大な大仏の056.gif顔が目に入りついつい中へ・・・ するとそこはお野菜畑と花壇にはいろんな種類のお花がいっぱい。  好きな本でも持ってきてのんび~りお茶でも!! ゴミひとつ落ちてなく丁寧に育てられたお野菜達をおじちゃんたちが丹念に手入れをしていた。  どうやらちょっとしたブレイクタイムに使えるようにとここのオーナーさんが開放しているお庭でした。056.gif056.gif056.gif  
d0151463_1573189.jpg
  
d0151463_158271.jpg
  私たちもちょっとここで休憩・・・ふう~っ。042.gif  インドもみんなの意識がこうゆう形にもっていければすごく自然が多くきれいないい場所なのに・・・な~。 普通に道の隅っこに咲いてる草花もインド人のポイ捨てしたゴミたちに埋もれて苦しそうで・・・
[PR]
by maguma090 | 2009-01-20 02:09

ブッタガヤーで過ごした1週間

d0151463_13463986.jpg
 ブッタガヤーで仲良くなった 日本語が上手なアショカさん! 1週間彼のバイクでいろんなところに連れてってもらいました。  
d0151463_13505652.jpg
 バイクで3人乗りしてアショカさんの村に遊びに・・・  
d0151463_1354949.jpg
  
d0151463_13551261.jpg
  土壁の手造りのおうちには牛やヤギなんかもいてすごい賑やか! 
d0151463_1358572.jpg
  一面麦畑。これぜーんぶ彼が家族と作ったもの。お金がなくたって食べ物さえあれば生きていけるよ!!って 
d0151463_1433617.jpg
  村の人たちはみんな裸足。彼の奥さんと子供達。  
d0151463_1475820.jpg
  村唯一の売店。タバコ・お菓子・洗濯石鹸・マッチしか置いてない・・・ここでは私たちが日本でスーパーに買い物に行くものはほとんど自給自足。野菜も魚もお米も水もお酒も。
村には電気がない!!ローソクだってもったいないって、日があるうちに何でもやってしまって夜はみんなでお酒を楽しむ時間だよ!ってみんなで1箇所に集まって小枝を拾ってきてはそこに火をつけて灯りを作るとか。 
d0151463_14201498.jpg
 自引き網で魚を獲ってる家族を発見。泥の中に住む小魚をと泥まみれになりながら・・・今日はまだ2匹・・・過酷な作業。 
d0151463_14271911.jpg
  牛のうんちも大切な資源。たくさん草を含んだうんちは乾燥させて、食事の準備の火種にしたり、家の壁や床に使用したり、寒いときはこれに火をつけて温まるんだって! 
005.gif
d0151463_14323714.jpg
  近くに見せたいものがって。この木何の木きになる木・・・060.gif トトロの木 この木の下で休憩。  
d0151463_14404629.jpg
 彼がつくった焼酎とつまみは木の実と獲りたて卵で卵焼き。彼らの唯一の楽しむ時間。 
d0151463_14511190.jpg
  電磁波の中で普段生活している私たち、ゲームやテレビがないと遊べない日本の子供達、時計がない生活や村の人が穏やかで子供達も伸び伸びと生きていけるのは彼らの生活のスタイルにあったんだな~って。  
インドって居れば居るだけはまりそう。  インドははじめは生活の習慣やゴミだめの中での生活に汚い臭いって、ただそこだけで判断していた私の目線もインドを知っていくうちに・・・インドの不思議?に私の今まで気づかなかったインドがそこら辺りにいっぱいあるんだってこと。
視点をかえて見ると謎の多いインドはおもしろいかも!!023.gif
[PR]
by maguma090 | 2009-01-13 15:16

あけまして おめでとう ございます!!

d0151463_2574476.jpg
 長い間ブログお休みしてしまい申し訳ありません!!瞑想後・・・パソコンが壊れてしまい入院しておりました。  無事元気に復活して帰ってきましたので少しずつ更新していきたいと思っております!!   お正月の忙しい中パソコンの診察をしてくださった山Gファクトリー様ありがとうございます。 旅に出ると決めてから、ブログをやってみようと決めてから、パソコン自体の仕組みもわからない私に1から教えてくださって、旅の途中も何かと問題を起こすたびに親切に対応してくださって本当にありがとうございます!この場をかりてお礼申し上げます!この先何かと面倒を起こすかと思いますが、地球のシャシャリ方今年もどうぞよろしくお願いいたします。  056.gif
[PR]
by maguma090 | 2009-01-04 01:40
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite