地球のシャシャリ方 3

maguma090.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ダサインは女性のファッションショー inネパール

ダサインのお祭りの備え街の洋服やサンは人・人・・・女性が圧倒的に多い!!
d0151463_17254860.jpg
  
d0151463_17271535.jpg
  
d0151463_1728013.jpg
  
d0151463_17284412.jpg
  
d0151463_17291595.jpg
  
d0151463_17294620.jpg
  
d0151463_17301340.jpg
 ビーズや刺繍が施されてるサリー。若い女の子達の間ではジーパンのスタイルが主流。子供服では重ね着が流行中。日本の何年か前の流行が今のネパールに流れているみたいで、ちょっと懐かしい服も!!子供達の間ではキャラクターいりの草履に歩くと音がするもの・ランプがつくものが流行っています。日本で流行ったローラーつきのスニーカーもそのうち登場するのかな?私もいい年してあれ欲しかったなー・・・003.gif 
[PR]
by maguma090 | 2008-10-07 17:30 | シャシャリマネキン

パタン

パタンはカトマンドゥから南へバスで15分ぐらいの場所にある古都。カトマンドゥ盆地にマッラ3王国があった時代に首都として栄えた場所。 ここにもダルバール広場があり建築物を争っていただけあって建物の細工が細かく1つの建物自体が芸術品のようだった。またここパタンは長い仏教の歴史を持っていて紀元前3世紀にアショーカ王が建てたとされるストゥーパが残っている。今でも住民の8割が仏教徒であるこの町に住んでる人はほとんどネワール族。ネワール族はカトマンドゥ盆地に紀元前から住んでいて、彫刻・絵画などの芸術で秀でていて、工芸の街で有名なばしょ。仏像・木彫・タンカを描く職人をまじかで見学したりもできる。日本の仏画を買いにくる日本のお寺の関係者の方たちがきていた。 
d0151463_16553880.jpg
  
d0151463_16561113.jpg
  カトマンドゥに比べて静かな街。 
d0151463_16571738.jpg
  
d0151463_16575115.jpg
 ロク・チトラカールさんのアトリエ  ネワール族にもカーストがあるため職人の生業は姓を聞けばすぐにわかる。ロクさんも代々絵師の家系でパタンにあるお寺の装飾画も手がけてる有名な人。ネワールの仏画はタメルに売られてるタンカのように色彩のコントラストが強いチベット風のもの・筆運びが太いタマン風のものに比べると色も渋く顔の表情がぜんぜん違う。 
d0151463_1783337.jpg
   
d0151463_179374.jpg
  ゴルデン・テンプル 正面入り口の天井には石の曼荼羅がはめ込まれている。19世紀に作られた。 
d0151463_17112577.jpg
  
d0151463_171217.jpg
  
d0151463_17123373.jpg
  
d0151463_17131346.jpg
  
d0151463_17133869.jpg
  
d0151463_17141100.jpg
  ダルバール広場には10個の寺院が並んでいて、ネパール建築の見物市会場のようです。 
d0151463_17181223.jpg
  民家の窓は精巧な彫刻で飾られている。  
[PR]
by maguma090 | 2008-10-07 17:19

人力車に乗ってみた風景

d0151463_15402619.jpg
 人力車にのって街の中をみて周った。 
d0151463_15421249.jpg
 色あせてしまってるストールたち   
d0151463_15445419.jpg
 ダルバールマルグに行くまでの中でこうやってコップやお皿をもって観光客やネパールでのお金持ち層達に物乞いをする姿を目にする。手足がない子供たち・ケガをして治療費を・・・と訴える親。 ここに来て私の見る世界と現地の人の見る世界があるんだと、、しらされる。 お金がない食べていけない生活を少しでもよくしようと子供の足を切ってしまう親が居る現実。生きていく手段が・・・。小さい子達がお金を下さいと群がってくる、その子達は観光客が来ると今までシンナーをすいながら友達と遊んでいたのにダダーっと走ってきては大粒の涙を流しながら演技するのである。ギブ・ミー・マネーとこちらが言うとどこかへ走りさってしまう。 
d0151463_1604968.jpg
 ネパールでもバス停の看板などない。ワゴン車の中からどこ行きだよーってお兄ちゃんが大声てさけんで、魚の競りのような声で・・お客さんを乗せていく。 
d0151463_1634595.jpg
 バスから降りるときも前もっておにいさんにどこで降りたいと言っておかないと止まらない。  
d0151463_165326.jpg
 歩道には露店がたくさん出ている。 ダサインのお祭り用の洋服や飾りなどがたくさん売られています。このときは1年1どヤギと鶏も売られていた。 
d0151463_1683680.jpg
  
d0151463_169989.jpg
  ニューバス・パーク 市内や郊外出る時に使うバス乗り場。すごく混雑してるんだけど、お客さんが集まり次第出発するため時刻表などない。運転手さんがそろそろ行きますか!!ってなるまでバスの中でただひたすら待たなければいけない。 
d0151463_16123338.jpg
  
[PR]
by maguma090 | 2008-10-07 16:15

ダルバール・マルグ

d0151463_15225155.jpg
 ダルバール・マルグ 現王宮に面した通り。5つ星の高級ホテル・土産やが並ぶ。 
d0151463_1526912.jpg
  
d0151463_15263818.jpg
  ニューロード。ローカルなお店が並ぶ。露店も並び行きかうひとでいつもごったがえしの道路。人をよけるのが苦手な私にはこの通りは戦いの場。ゆっくりみたいんだけど・・・ 
d0151463_1717973.jpg
  日本じゃありえない肉屋さん。1日中こうやってお外に野ざらし状態。ハエがたかってようが関係ないのじゃ。豚やヤギの生首をそのまま置いて売ってるお店もあって人のにおいと生臭いにおいで通りを抜けたときは人にも酔って014.gifちょっと胸やけしてる。 
[PR]
by maguma090 | 2008-10-07 15:37

世界1周中

d0151463_154498.jpg
d0151463_1551192.jpg

世界1周してます!!同じゲストハウスに集まった世界1周旅行者。みんなイケ面で一緒に歩いてる私・・申し訳なくなります。
今や世界1周者はかなり多い。旅に出てきてたくさんの旅人にあったがほとんどが世界を回るひとばかり。ルートや年数は違うけどまたどこかで出会える楽しみがあり出会いが再会に繋がる期待にかわり又一つ旅の楽しみが増えました。
情報交換やアドレス交換意外の会話の中旅に出てくるまでの過程やこれからの事・今までの数々の経験聞くだけですごく楽しく刺激になります。ちょっと歳を重ねて保守的になってた自分にきずかされることも。
画面左から、004.gif 宮崎出身・パトカーのサイレンが似合うけんちゃん 019.gif 九州男児よしさん・006.gif 和歌山出身たけちゃん・太鼓たたき名人 001.gif 静岡出身めんたいロック好きなシャンティーまささん 023.gif ネパール出身私の唯一の話相手サンタ君  
[PR]
by maguma090 | 2008-10-05 01:07

バーバルマハル・レビステッド

おしゃれなショッピングコンプレックス ラナ家の古い宮殿を増改築して建てられ、中に入ると昔の王族の館に遊びにきたような感じ。中にはアンティーク・宝石店・ストール衣類などセンスのいい品物が揃っている。かなりお値段は高いですが、ウインドショッピングするだけでも楽しい場所。19世紀の貴族のダイニングを再現してあり本格的なネパール料理もいただけます。カトマンドゥのごみごみ感からちょっと息抜きには最適な場所でしした。 
d0151463_0394230.jpg
  
d0151463_0391793.jpg
  建物の一つ一つが可愛い。再現したパーツがたくさん売られていて日本の業者さんもここに買い付けにきてるとか。アンティーク好きにはたまらないものばかりが揃ってました。 
d0151463_0423729.jpg
  
d0151463_0431378.jpg
  
d0151463_0441296.jpg
 ラナ王の像 
[PR]
by maguma090 | 2008-10-05 00:44

ストライキ

d0151463_5123389.jpg
  
d0151463_514046.jpg
  
d0151463_5143981.jpg
  
d0151463_5151078.jpg
  
d0151463_5153435.jpg
  1週間に1度はあってたストライキ。この日のストライキは街一せいに店のシャッターを閉めレストランも何もかも朝から閉まってしまい、交通機関も全部止まった。大きなデパート・ショッピングモールも!初め見たときは恐ろしいところに居て今逃げないと危ないんじゃないのかって?道路を歩いていたら若者達の大群が火をつけた棒を持って歩いてきて何かいいながら大群で歩く。その中にいろんな国の観光客まで一緒になって歩いてて。とにかくそのときはなんだか分からずゲストハウスまで走って逃げてきて、ゲストハウスの人に聞くと、日本でもあるかわいいおねーちゃんたちが居るラウンジみたいな飲み屋さんが遅くまで音楽かけてうるさいと営業時間を街全部10時までに政府が決めてしまい、それに反対するお店の人やお客さん・そこに通う観光客のストライキだった。ストライキに参加したくないお店側も、自分の店だけ開けてるとレンガを投げたりお店にいたずらされるのを恐れてお店をしぶしぶ閉めている形になっている。街の中に政府や軍・警察を入らせないように木やタイヤを燃やして1日講義を続けていた。その日はどこも車が動いていないので、街の人はみんな徒歩で職場に向かったり、学校・遊びにでかけていた。まだネパールも政府が変わったばかりで安定しない場面はあるようです。ここ1週間は若者のデモ・ストはあってませんが、毎日警察の見回りは夜10時ともなると行われています。来た当初は夜中2時3時、クラブから流れる爆音が町中響いて、朝方になると若者の奇声で眠り辛かったけれど、ここ1ヶ月は外が静かになった。しかし、こんなことを取り締まる前に警察の皆さんビニール袋にセメダイン入れてシンナー吸ってる小学生低学年の少年達を守って欲しいです。普通に会話しながら見過ごしてるのは・・・015.gif
[PR]
by maguma090 | 2008-10-03 05:36

規則正しい停電

この旅で停電のある国は2国目。1回目はラオスでの停電。今回のネパールでの停電は毎日規則正しく決められた時間になる。初めはここも停電あるのかーって懐中電灯で何とかしていたけど、毎日それも一番電気を使う時間帯になるので???ゲストハウスがおかしいのか?って思っていたらスタッフからネパールは毎日停電がある!と・・・話を聞くと水不足。水力発電のネパールではそれを防ごうと各家ごとに停電の時間をたよりにして配りどの家庭も学校の時間割のようにみんなが見える場所に張っている。だいたい夜6時から10時の4時間が多い。その時間になるとキャンドルを買いに商店に出かける人・発電機を持ってる家庭やゲストハウスは明るい空間で夜ご飯を迎えられる。ゲストハウスでもドミトリー意外は1日1本のろうそくの配給がある。私達はその時間になると外に出かけろうそくが灯るレストランで食事をするようにしている。そのほうが明るかったりもするし、雰囲気もいいし!!でも1番使いたい時間にネットが使えなくなるので、夜中か停電前ににネットをしなければならなくなる。たまに朝と夜の1日2回の日もあって、自然に停電の時間割を毎日見るのが日課になってしまいました。それだけ1ヶ月ちょっともネパールに居るとネパールの生活に少しずつ慣れてきてる自分がいます。 023.gif 
d0151463_584077.jpg
  ここ数日に私達の泊まっているゲストハウスも階段・廊下だけ発電機使用の電球がつきました!!
[PR]
by maguma090 | 2008-10-03 05:09

ダサイン

ネパールの年間での最大の秋祭り。主な祭りの期間が10日間あるので、10を意味するダサインと言うとという説があるが休日は初日と7日目から14日目までの8日間。初日に家の聖なる場・部屋で平かめの中に砂を入れて大麦をまく。毎日水をやって、10日目に長く伸びた黄色の芽を抜いて、大女神ドゥルガーの恵みとして髪に飾る。7日目には旧王宮や広場で神の力シャクティを受ける儀式や兵士による悪魔払いの儀式がある。9日目には朝から家々で山羊を買い神の捧げる儀式をすませた後ご馳走をつくる。街や村の寺・兵営・広場などでも戦いの女神の勝利を願って水牛・山羊などを捧げる。10日目は勝利の日で、長老から祝福のティカ [おでこの中心に付いてる赤い印] を受ける。誰もが家にかえり新しい衣服を身につけ、家族揃ってお肉をたっぷり使ってご馳走を食べる。このときばかりは各家々でヤギの首をはねる儀式をする。インドでも寺院の中でこの儀式をみたが、ヒンドゥー教徒の祭りだけどネパール仏教徒・チベット系の人々の間でも広がりネパールでは国民的なお祭りになっているようです。日本のお正月のようなお祭りで、このときは街の人達もほとんど仕事をせず、村に帰る人広場でお祭りを見る人さまざま。   私達はこのお祭りを見るために滞在期間を伸ばしました。ゲストハウスの屋上でダサインの儀式を見ることになる。この時期にインドでもダサインのお祭りは行われるようです。 
d0151463_443392.jpg

[PR]
by maguma090 | 2008-10-03 04:44

世界のツーリストディー

d0151463_413393.jpg
  
d0151463_4141353.jpg
 ちょうどツーリストディーに遭遇。世界のあちこちでツーリストディーの催し物が行われる日。ネパールでは1週間後に控えたダサインというお祭りの準備もあり観光客が行きかう交差点ではステージが設けられ夜店・屋台がでて盛り上がっていた。
[PR]
by maguma090 | 2008-10-03 04:18
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite