地球のシャシャリ方 3

maguma090.exblog.jp ブログトップ

サルバドール



                                                                                                            ブラジルの最初の都市サルバドール、別名黒人のローマ。 
砂糖産業のためたくさんの黒人奴隷がアフリカから連れてこられた街。独特のアフロブラジリアン文化のある街。舞踏に似せて密やかに完成させた格闘技のカポエイラもこの地で生まれました。 
 
人口270万人のうち80%が黒人と黒人とインドィヘナの混血から占めるその地には舞踏・音楽・衣装・料理といろんなアフリカ文化がここにはあります。 
 
黒人のローマという名があるようにここサルバドールには300以上の教会やコロニアル建築が立ち並んでる。街の感じはポルトガルに似ている。香辛料やヤシ油とココナッツミルクがたっぷりのバイーア料理 黒い肌にまぶしいぐらいのバイーアナの衣装、カポエイラで鍛えられた肉体美何もかもがパワーがみなぎっております。 
 
ついた初日からお祭り騒ぎで毎週火曜日はお祭り。街のメインストリートがすべて会場に。 
大型トラックに巨大スピーカー毎日24時間どこかで何かのイベントごとがあってて音楽が絶えることなく熱く情熱的に官能的に鳴り響いております。 
 
1歩その通りに入ればどこにでも音楽の輪ができその輪が一つの集団になって踊りながらいつしか人でいっぱいになる。子供からおじいちゃんも旅行者もみんなひとつになっていいな~こうゆうの !!
 
ここサルバドールは音楽をいつでも生音で聞ける場所。
d0151463_1114993.jpg
 
d0151463_11151147.jpg
 
d0151463_1115497.jpg
 
d0151463_1117084.jpg
 
d0151463_11175198.jpg
 インディペンデンスデー。
d0151463_11184450.jpg
 いつもどこかでイベントが。
d0151463_11205249.jpg
 
d0151463_11212563.jpg
 会場まわりではいろんなバイーア料理が食べられる。
d0151463_11223425.jpg
 カポエイラ  ダンスと格闘技をあわせたようなバイーア地方独特の武道。弓のような楽器ビリンバウの旋律に合わせて太極拳のようなスローな動きとすばやい足技・エキサイティングな動きと黒人の汗交じりの黒光した肉体美と筋肉に惚れ惚れする。 
毎日特に火曜日はとてもにぎやかな1日です。 毎日違うイベントブースに足を運びいろんな音楽といろんな楽器といろんな人と散歩がてらにでかけられるのがいいですね~。そりゃ~ビールもうまいっす。
[PR]
by maguma090 | 2009-07-08 11:31
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite