地球のシャシャリ方 3

maguma090.exblog.jp ブログトップ

 アーユルヴェーダ  in リシケシ

アーユルヴェーダとは?? サンスクリット語で「生命の科学」という意味で5000年もの歴史をもち中国・ギリシャ・アラビア・チベットの医学にも影響を与えたインドの伝承医学のこと。

人間の体のも自然界と同じく風(ヴァータ)・火(ピッタ)・水(カパ)の3つのドーシャ(エネルギー)からなりこのエネルギーのバランスを外から中から整えていきましょう!というのが考え方のひとつ。

その中で私が体験したのが、パンチャカルマという数週間かけて行う浄化治療法!本場はインドの南のケララみたいですが、ここリシケシはヨガの聖地、ヨガとアーユルヴェーダはセラピー的にも同じ要素があり、いいドクターが南から来ているとあって・・・ちょっと話のねたに・・・    
日本で受けると1回1万5千円からが相場のようで、ここインドは1週間コースで2万ちょっとのお値段。ここリシケシにはヨガを学びにきている女性やアーユルヴェーダを受けに来ている女性が非常に多い、特に30代。美や健康に前向きに取り組んでいる人達ばかりかみんな本当心も体も綺麗な人ばかり・・・

はじめドクターのカウンセリングと脈心を受ける!英語での解説に困った私は現地で知り合ったまゆみちゃんに通訳をお願いして、今の体の状態や普段の生活スタイルを話してもらった。自分の体質や健康状態を見てもらった後私にあったバランスを整えるトリートメント・食事療法・生薬治療を進められた。 料金と日数などを調整して1週間コースをお願いしました。   

パンチャカルマ治療のような体内の毒を排出させる解毒プログラムは日本だとお医者さんしかできない治療が入ってくる。{バスティー(浣腸)・ネトラタルバナ(目の洗浄)など }    

1週間のプログラムが告げられ毎日同じ時間に1日2時間の治療を受けた。3日間はアビヤンガといういろんな種類の生薬とオイルを混ぜたもので全身のマッサージとシロダーラという眉頭の辺りを中心に糸状の細い液体をゆっくり時間をかけて垂らし続けるそして毎日治療の中に組み込まれていたお一人様サウナ。 
d0151463_16592047.jpg
 入って身に付けられるものは渡されたふんどしのみ。初めてのふんどしにちょっと興奮した私。以外にきもちいい~。 
d0151463_1705571.jpg
  シロダーラ 上からぶら下がった容器のそこに小さな穴が開いていてそこにタコ糸のような糸がくっついている。その糸を流れるオイルを30分から40分の間垂らされる。 パソコンをよく使う人・頭部の浄化などに効果があるそうで眉頭に当ててるだけなんだけど・・・脳にまでいきわたってるのか、帰るときにには頭が重い感じだったけれど日に日に頭が軽くなってきたのがわかる。 
d0151463_1793627.jpg
 コンロで生薬を混ぜたりオイルを温めたりしながら調整していく。 
d0151463_17114472.jpg
 お一人様サウナ この中で15分間入ったまま。 4日目から浣腸しておなかの洗浄・目が疲れやすいので目の洗浄もしてもらった。目の中にオイルをいれて開けたまま・・・痛いのかとビクついてましたが、なんのぜんぜん痛くなかった。こうやって1週間後肌もすべすべ、薦められたレストランでアーユルヴェーダの食事を取りながら1週間でも体が軽くなり8ヶ月の旅でぼろぼろになった肌も調子がよくなった。 っという感じであまりの効果に欲張って1週間追加してしまいました。 1週間追加した間にアーユルヴェーダについての勉強会にも参加し料理方法など、生活習慣の改善や思想などたくさんいろんな面で取り入れることができた2週間でした。 本当は3週間ぐらいはやったほうがいいらしい。時間とお金に余裕がある人は是非!!本場は南インドのケララ。太陽の下で野外で行うマッサージは最高だそうですよん。
[PR]
by maguma090 | 2009-01-29 17:28
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite