地球のシャシャリ方 3

maguma090.exblog.jp ブログトップ

 マハボディー

およそ2500年前シャーキャ(釈迦)族の王子として生まれたスィッダールタは人生の苦悩を痛感し解脱への道を求めて、今までの生活をすて、厳しい苦業への道にすすんだ。 苦業の道へと出家して6年の月日を経てここマハボディーの菩提樹のしたで49日間ひたすら瞑想の業を行い、この場所で覚りを開いたといわれている。覚りを開いた後王子の名はブッダ(覚った人・ 目覚めた者)と呼ばれるようになった。インドには北インドからネパールにかけてのガンジス河流域に四大仏跡を含む仏教の八大聖地がある。特に重要な出来事が起こった地として今でも世界のあちこちから多くの巡礼者を集めている。  
d0151463_1124209.jpg
  本殿  
d0151463_11261522.jpg
  中には参拝者を静かに見守る金箔の仏像が安置されている。  
d0151463_11273845.jpg
  韓国からきた巡礼者。 今では欧米などのいわゆる先進国で、心の安らぎ・世界平和にいたる道として仏教が真剣に受け入れられ始めている。   
d0151463_113268.jpg
   菩提樹  ブッダが座した場所には金剛座が祀られている。  
d0151463_128272.jpg
 敷地内にはブッダが瞑想をした場所がたくさんある。その場所に手を合わせ瞑想をする巡礼者たち  
d0151463_1285494.jpg
 レンガ色の服をきているのはチベット仏教徒 
d0151463_1292686.jpg
   
[PR]
by maguma090 | 2009-01-28 12:40
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite